~ 真・亜美楽魂 ~

”THE iDOLM@STER”アーケード版&家庭用で頑張る、香川県在住のへたれPのアイマス関係中心の雑記。


"真・亜美楽魂"は「アイマススタンプラリー」を応援します。しずかに。(爆)

「アミューズメントシティMG屋島」(やよい・伊織)「ファンタジスタ」(律子)にて「ボーナスレッスン in 中・四国」発動中!!!


"真・亜美楽魂"は「真・夏祭」を応援します。来年こそはしっかり行くぞー!(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[アイマス2] ロケマスPは尾道へGo!ロケ地のロープウェーのゴンドラが1月30日で活動終了!

新年アケマスて(ry

「考察・アイドルマスターI」の続きもアップできずに申し訳ありません(汗)。検証を兼ねてのオフアケマスで頑張ってる間に年を越してしまいました(自爆)。
それはさておき。

NEW YEAR PARTY2011ではマスターアップの告知もあり、いよいよ発売が迫る「アイドルマスター2」ですが、ゲームとしては全国を巡り各地で営業を行うというシステムが話題となり、「アイドルマスターモバイル」での全国エリア制覇という位置ゲースタイルの盛り上がりとも相まって、モバマスの巡業や既に公開された画像で判明したロケ地への聖地巡礼もすでに同人誌にまでなるほどの話題となっています。自分も日々モバマスではオファーに代行にとちびちび頑張っていますw

そんな「アイマス2」の営業で登場するロケ地のひとつ、広島県尾道市の「ロープウェー」が、この1月30日でロケ時点で使われていた現在のゴンドラでの営業を終了し、新しいゴンドラに切り替えを行うという情報が地元広島の幻野 平P様から入りました。
詳細につきましては幻野P様が作成されていました案内文をスキャンしたものをご参照ください。
(自分が下手な説明するよりもはるかに丁寧に説明してくださっていますので思わず手抜き(汗))

アイマス2尾道ロケ地・ロープウェーゴンドラの切替についてのご案内
※サムネイルをクリックすると大きく表示されます

・・・・・というわけでゴンドラの交換作業が入る1月31日~2月9日まではロープウェー自体も休止となります。
ゲーム中に出てくるゴンドラでのロケハンができるのはこの1月30日まで(2月10日以降は新ゴンドラでのロケハンが可能です)となりますので、ゲーム中の風景でロケマス&モバマスしたいとお考えの方は、それまでに尾道を訪れることを激しく推奨いたします。
尾道ラーメンとモバマス巡業オファー(笑)とアイドルたちとの新たなる思い出を築くことになる場所が、Pの皆様をお待ちしております☆

情報をくださいました幻野 平P様、どうもありがとうございました!!
なお、この情報につきましてはどんどん拡散・転載していただけますようお願いいたします。できる限り多くのPの方が、悔いを残さずロケマスができることになりますよう。



・・・しかし、今回の情報も、たまたま12/19の岡山でのミンゴスCD発売記念お渡し会に参加されていた幻野P様と、自分が入場順が近かったこともあって話が弾み、そこでのご縁がNEW YEAR PARTYライブ後の会場内でばったり再会したことで教えてもらえ、それをまた多くの人に知ってもらいたいということで自分がその手助けをさせていただくことになり・・・・・・と、アイマスでのP同士の繋がりの不思議な縁というものを改めて感じました(笑)。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/01/14(金) 18:52:04|
  2. アイドルマスター(雑談)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[雑談] あれから、5年。そして、これからも

5年間、同じものを好きでいられることはほかにもあるでしょう。

でも、5年間、同じものと共に歩み続けることができることは、なかなかないことかもしれないと思うのです。

まして、ライフサイクルが激しい、アーケードゲームというフィールドでは。

そう、今日11月27日は、自分が「アイドルマスター」というゲームと、菊地真たちアイドル候補生達と、

共に歩むようになって、5周年の節目の日。

今までひとつのゲームを5年好きであることはあっても、一つのゲームを5年「遊び続ける」ことになろうとは、

思っても居ませんでした(笑)。

もちろん好きなゲームで、出会ってから20年、今でもたまに思い出しては遊び続けているゲームはあります。
(バンクパニックとかw)

しかし、ここまでたゆまぬ流れで遊び続けたゲームは他にはありません。

10年後も、遊び続けられているといいなぁ、と思いつつ、

何より今でも(完全な形ではなくなったにせよ)原点に触れられる場所が近くにあることに感謝しつつ、

そして未来で、また多くの仲間とアピールとアピールで(=拳と拳でw)語りあう場を復活させることができるように活動することを目標にして、

今日もまた、プロデュースに勤しみたいと思います。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/11/27(土) 20:09:59|
  2. アイドルマスター(雑談)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

考察・アイドルマスターI<1>オンライン対戦は不要なのか!?

と、言うわけではじめてみました「考察・アイドルマスターI」。
アイドルマスターというゲームが持っている魅力を改めて掘り下げ、考えていくことで、
「本当に必要とされるアイドルマスターとは」という答えに少しでも近づいていけたら・・・・・・と思います。

まず、丁度書こうかと考えていて、改めて公式からも見解が出た

「オンライン対戦は不要か」
についてです。
アーケード版(以下アケマス)から始まったアイドルマスターは、アケマスは基本オンライン前提、Xbox360版(以下箱版)ではオフもオンも可能、そしてPSP版はオフライン前提で通信対戦はアドホックでのプロデュースとは独立したエキシビジョン的な対戦モードのみとなっています。そして2では現状オンラインランキングは存在するらしいものの、各プロデューサーがプロデュースしているアイドルユニット同士を競わせるオンライン対戦モードは廃止されることが表明されています。

公式の見解では、オンライン対戦を廃した理由を「家庭用(基本的には箱版と考えられます)ではその利用率が低かったから」としています。

しかし、この点に関してだけは、公式の見解に、真っ向から反論します。
【“考察・アイドルマスターI<1>オンライン対戦は不要なのか!?”の続きを読む】

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/10/28(木) 00:55:03|
  2. アイドルマスター(雑談)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ
『アイマス』スピンアウト4コマ『ぷちます!』

FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。